新潟市西区小新ひろお矯正歯科クリニック

小学生からの矯正歯科

「うちの子の矯正治療、いつから始めるべき?」とお悩みの方へ

乳歯から永久歯に生え変わる混合歯列期(6歳〜11歳)

ひろお矯正歯科クリニックでは、小学生からの治療をおすすめいたします!

お子さんの矯正治療におけるステージ

小学生の頃に矯正治療する目的
歯の発育や顎の成長が盛んな時期に矯正治療を行うことで、矯正をしていな場合と比べ、その後の程度を軽減することができます。
小学生の時期にⅠ期治療治療(予防、抑制、限局矯正)を行うことで、
その後のⅡ期治療(本格矯正)の難易度や本人の負担を減らすことが可能となります。

Step1

 

Step2

 

Step3

Ⅰ期治療
予防、抑制、限局矯正

 

Ⅱ期治療
本格矯正

 

保定期間

成長期のお子さんは、
矯正治療に対する適応能力の高い時期になります

近年、歯の健康への意識が高まっていることから矯正治療の必要性も大きくなっています。矯正治療も技術革新により日々進歩しており、私たち矯正歯科医もさまざまな装置を使用して治療を行っております。歯と歯ぐき(歯周組織)が健康であれば、子どもから成人まで、様々な世代の方が矯正治療を行うことが可能です。

なかでも、成長期のお子さんは、矯正治療に対する適応能力の高い時期になります。歯並びが改善されると、表情が良くなり、心も体も健康になります。

矯正治療は見た目だけではありません。悪い歯並びは、虫歯、歯周病、顎関節症などの健康面の問題のみならず、歯をみせて笑えないなどの精神的な問題の原因ともなります。

矯正治療によりこのような問題を解消し、笑顔と美しい歯並びから心身共に健康を獲得しましょう。 矯正治療にかかる時間はとても長く、成人でも数年、子どもでは十数年にわたるお付き合いとなります。患者さんとよりよい信頼関係を築き、患者さんが不安を持たないようコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

初めてご来院の際は、治療の内容等について、わかりやすい説明をさせていただきます。ぜひご予約をお取りのうえお越しください。

ひろお矯正歯科クリニック 院長 黒木大雄

矯正治療を始める症状と開始時期

出っ歯(上顎前突)/6歳〜

 

受け口(下顎前突)/6歳〜

上顎と下顎の位置にズレがある重度な状態や歯の生える角度や位置が良くなかっただけの軽度の場合があります。指しゃぶり、唇を吸う(咬む)癖、口呼吸が原因となっていることがあります。

 

前歯が反対で咬み合っている状態を言います。遺伝的要因が関係する場合と、歯の生える角度や位置が良くなかっただけの軽度の場合があります。舌や唇の癖が原因になることがあります。

デコボコ(叢生)/6歳〜

 

開咬/6歳〜

歯がデコボコに並んでいる状態をいい、八重歯もその一つです。見た目や咬み合わせが悪く、磨き残しが多くなるという問題があります。歯のサイズに対して顎が小さい等の原因があります。

 

咬んだ際、前歯が咬み合わず奥歯だけがあたり、上下の前歯に隙間がある状態です。負担過重の奥歯が痛んだり著しく咬耗したりします。顎の形(骨格的)の影響や、前歯が低位で奥歯が挺出していることが挙げられます。

小学生からの矯正治療4つのメリット

Point1:虫歯になりにくくなる

歯並びが悪いと、歯と歯の重なり合った部分に汚れが溜まりやすくり、虫歯や歯周病のリスクが上がります。歯並びを改善することは、毎日の歯磨きできちんと汚れを落とすことができるのでお口周りのトラブルリスクが下がります。

Point2:しっかり咬めて発音がスムーズに

歯並び・咬み合わせは「咀嚼」と「発音」にも大きく影響します。しっかり物を咬めない・正しい発音ができないなどの理由で精神的・肉体的な負担となることがあります。可能な限り早い段階での治療をお勧めします。

Point3:バランスの良い顎の成長を促す

歯並びや噛み合わせが悪いと、顎顔面領域の骨格や口腔周囲筋へ悪影響を引き起こす原因となります。さらには肩こりや腰痛、など様々な悪影響があらわれることも。成長期のお子様であれば、顎の成長を利用してバランスの良い顎の成長を促します。

Point4:見た目の悩みがなくなる

子どもの頃は気になりませんが、今後成長するに従い、笑顔に自信が持てなくなったり、人前で歯を見せないようにしたりするなどコンプレックスを感じてしまうことがあります歯並びが良くなり笑顔に自信がつけば、社会生活を営む上で大変なアドバンテージになることと思います。

 

 

医院案内 院長紹介 アクセス
小学生からの矯正歯科
矯正の種類 当クリニックの特徴 症例集
料金表 お問い合わせ お問い合わせ